更年期障害のサプリメントランキング|更年期障害の症状を改善・解消!

更年期障害の症状 女性 40代

更年期障害の症状 女性 40代 貧血

 私の更年期のピークは やはり閉経前の47才ぐらいの時だったと思います。当時勤めていたパートは事務仕事なのにも関わらず、異様な症状に襲われることは、しょっちゅうでした。
 体や手足は冷たいままなのに何かをきっかけに急に頭部だけが汗でビッショリになる。恥ずかしながら首にタオルを巻いて仕事をしていたことを覚えています。でもまた、それが収まると体だけが冷え込んでくるという繰り返しなのです。そのうえ、椅子に座っていながらも自分の体だけが揺れているようで、「地震?」と隣の席の人に聞くこともよくありました。
 閉経に向かっていたせいか、不順な生理に貧血にもなり 仕事中にトイレに立った途端の立ちくらみで何度しゃがみこんだことか。 頭の血が一気に下がってくる感覚で、目の前の景色がオレンジ色に変わってくるのです。
 こうなると自分でもビックリしてしまうために動悸も激しくなり仕事を切り上げて早退させてもらったことも幾度かありました。 当時、職場には立派な血圧計も置いてあったのですが 計るたびに驚くような高い数値をたたき出してみたり。
 それでも「更年期は誰でも通る道」と仕事仲間に色々とアドバイスをもらいました。貧血に良い食べ物(レバーやドライフルーツ)を積極的に取り入れたり 血の巡りが良くなる様に休憩中には自ら軽い運動で体を動かしたりしていました。でも、一番の乗り切る方法は「心が前向きであること」に尽きるかと思います。


更年期障害の症状 女性 40代 頭痛

 私の場合は46歳くらい、閉経前から更年期障害かな?と思うような症状が出始めました。若いころから毎年夏バテがひどく、秋になり涼しくなっても動悸や息切れがあって、病院では自律神経失調症だという診断が下されていました。

40代も半ばになり、疲れやすく不快な症状も増えていったので、いよいよ更年期障害ではと考えるようになりました。風邪のようなだるさや頭痛、自分ではコントロールできないイライラも出始めてきました。なかでも一番不快だったのはのぼせでした。それほど室温が高くない部屋でもとても暑く感じ、汗が出てくるのです。熱を計ってみても平熱、もしくは35.8度くらいで逆に普段よりも低いくらいでした。

でもなぜか自分だけ暑くて暑くて仕方ないのです。 顔はすぐに汗っぽくなって気持ちが悪く、体が重くてやる気もない状態でした。 若いころからある動悸・息切れも続いており、のどに心臓が上がってきたかのような胸の違和感が時たまあらわれました。 病院では加味逍遙散という漢方を出してもらい、家事もあまり頑張らずに過ごしていましたが、完全にすっきりした!と言えるほどには回復していません。 こればっかりは時間の問題なのかな、と思います。


更年期障害の症状 女性 40代 冷え

 私が体調の変化に気づいたのは40代後半になってからでした。それまでは滅多に風邪をひくこともなく、スポーツで体を動かしたり人と接するのが大好きなアクティブな性格でしが、 いつの頃からか、少し体を動かしたり出掛けたりするだけで異常に汗をかくようになりました。

 友人とクーラーの効いた涼しい喫茶店でおしゃべりしている最中も、突然私だけ急にカーッと暑くなり、頭から滝のように汗が流れることしばしば。 そんな私を見た友人に「更年期なんじゃない?」と言われましたが、まさかまだ40代の自分が? と信じられませんでした。 でも、急に襲ってくる発汗やほてりなどは、更年期障害の症状の一つに当てはまるので落ち込みました。それ以来、風邪をひいたわけでもはっきりとした原因があるわけでもないのになんとなく体がだるくなり、一日の大半を家のソファーで横になるようになりました。

そしてあれほど発汗で悩んでいたのに、今度は手足が極端に冷えるようになり、夏でも靴下を履かなければ眠れないほどになったのたです。 自分の身体が次から次へと変化していってどうしたらよいのか思い悩む日々が続きましたが、自分なりにいろいろと調べ、 とにかく自分が更年期障害になる年代だということをしっかり受け入れ、無理してすぐ治そうと思わないことにしました。 そして自分の体質や症状に合うサプリメントや漢方を見つけ、長いスパンで改善していけば良いのだと気付きました。


次の症状ページ>> トップページに戻る>>

ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。