更年期障害のサプリメントランキング|更年期障害の症状を改善・解消!

更年期障害の症状 女性 40代

更年期障害の症状 女性 40代 月経

 40代になってすぐ、まだ真冬の寒さとは言えない10月の終わり、生理がダラダラと続き、いっこうに終わる気配がない状態になりました。

 初めてのことで、とても不安でした。とくに変わった生活をしたわけでもないのに突然。基礎体温も出産後、全くつけてもおらず排卵などの様子も分からず、原因がとにかくわかないので病院へ急いで行きました。

 子宮がんの検査は毎年1回やってきているのですが、 この時、子宮体がんの検査をしましょうと先生に言われ初めてやることになりました。結果、それは大丈夫でホルモンの異常とのことでした。更年期障害とも、言えないかなぁとの先生の話でした。

 この症状、若い子でもたくさんなるんですよ、ともおっしゃっていました。薬をもらい、生理は止まりました。同じ様子が次の月も繰り返されて、同じ薬をもらい生理を止め、その翌月はその症状は全くなく今に至ります。

 3ヶ月ほどで体調が戻ったと感じと1月頃、冷えが全くなりました。これは、本当に大違いでした。 何を着ても、何を食べても冷えて仕方なかったのですが、着る枚数も減り、体が温かくなっているのが分かりました。冷えの体は、やはり異常を来すということを実感したのでした。


更年期障害の症状 女性 40代 うつ

 45歳を過ぎたあたりから、訳もなくイライラしたり、些細な事が気になって悲しくなったりでうつ症状でグッスリ眠れないという症状がで始めました。

私は、我慢するより、攻めのタイプなので、すぐに婦人科を受診し、先生にご相談しました。 先生は「まだホルモンはでているけれど、それをだそうとする機能が働きすぎて、神経のバランスが崩れているんだね」と仰り、漢方薬(カミショウヨウサン)とセディールという眠くならない安定剤を処方して下さいました。ずっと診ていただいている信頼している先生にお話を聞いていただいただけで、気持ちが楽になりましたね。

 頂いた漢方薬と安定剤を上手に使い、嫌な症状も気にならなくなってきました。他に、体を冷やさないように、腹巻をしたり、レッグウォーマーなども活用しました。ジムにも入会し、体を動かす習慣をつけいい汗をかくようになったら眠りも深くなりましたね。 更年期の症状は我慢しなくてもいいものです。

今は良い薬があります。薬以外にアロマなども良いようですね。せっかく女性に生まれたのですから、 朗らかに健やかに沢山楽しんで素敵な50代60代を迎えたいものです。


更年期障害の症状 女性 40代 だるい

 40代も半ばを過ぎると、頭痛やだるさ、冷え、など原因不明の不定愁訴が起こりがちになります。

 女性としての機能を支えてきた卵巣機能の衰えからエストロゲンの分泌量が急激に減少し、自律神経系のバランスが崩れてくることによるもの。この頃から生理不順や下腹部痛が始まったり、さらには感情の振幅が大きくなって、イライラしたり、抑うつ的な気持ちになることもあります。
このような不定愁訴は、とくに疾病などが隠れていない場合は、一般的に「更年期障害」と 呼ばれています。神経質なまでに気にする人や、それほど気にせずに日常生活を送る人など、感じ方は人さまざま。でも、恒常的に辛さが続いているという方は、いちど婦人科を受診してみてはいかがでしょうか?
婦人科ではホルモンの分泌量や子宮の状態の検査をしてくれ、「更年期障害」か否かを調べて くれますし、場合によってはホルモン補充療法などによって、辛さを改善させる治療を行うことも あります。不定愁訴が気にはなっているけれど、治療するほどではないかも、という方には、プラセンタなどのサプリの摂取をおすすめ。
 人の胎盤を原料としたヒトプラセンタは、更年期治療に使われて効果の高い薬剤ですが、動物の プラセンタを使うサプリも、不定愁訴の改善だけでなく、精神の安定や肌の保湿にも効果を発揮してくれます。どんなサプリがあるかは、ネットなどで検索も可能。いちど試してみる価値があるのではないでしょうか。


次の症状ページ>> トップページに戻る>>

ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。