若年性更年期障害の症状|更年期障害の症状を改善・解消!人気のおすすめ更年期サプリランキング

若年性更年期障害の症状

 「更年期障害」と聞くと、50代や年配の世代に起こる症状だというイメージを持つ方が多いですが、最近20代や30代の若い世代にも「更年期障害」と同じ症状が起きる「若年性更年期障害」に悩む方が増えてきています。

 「更年期」とは閉経も含めた前後10年のことをいい、一般的に閉経は50歳前後で迎える方が多いため、だいたい45歳〜55歳が「更年期」と呼ばれる期間です。
 この「更年期」に起こるのがのぼせ、冷え性、むくみ、頭痛、めまい、便秘、腰痛など体に現れる症状と、不眠、イライラ、不安、情緒不安定など精神的なバランスも崩れてくる障害が起きはじめます。
これを「更年期障害」といい、この症状に加えて月経不順、無月経という若い人特有の症状を含めたものを「若年性更年期障害」といいます。

 閉経が近づくにつれ卵巣から分泌される「エストロゲン」という女性ホルモンが減少し、卵巣の働きも少しずつ低下していきます。 しかし脳内からは働きが低下している卵巣から、エストロゲンを分泌するように命令がでるためホルモンのアンバランスが生まれ、自律神経の乱れから「更年期障害」が起きるのです。

 「若年性更年期障害」の方の中には、月経不順、無月経だけでなく実際に閉経を迎えてしまう方もいます。 閉経とみなされるのは1年以上無月経の状態です。若い方達の間でこのような症状が起きるのは、無理なダイエット、ストレス、不規則な生活からくるものだと考えられています。

 「無理なダイエット」に関しては「若年性更年期障害」だけではなく「摂食障害」なども引き起こす可能性もあります。 このような原因が、卵巣の働きを低下させてしまいホルモンのバランスが崩れ、若い方達でも「更年期障害」と似たような症状がでるのです。
 また月経不順や無月経などの症状は、自分が思ってるよりもとても危険な状態です。 その症状を放っておいてしまうと、手遅れになり子供が出来にくい体になってしまいます。すぐに気がついたら婦人科を受診しましょう。


ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。