更年期障害と漢方|更年期障害の症状を改善・解消!人気のおすすめ更年期サプリランキング

更年期障害と漢方【不快な症状を改善、根本的に体調を整える】

更年期障害のことを「血の道症」と呼ぶことがあります。しかし本当の意味での「血の道症」は範囲がもっと広く、月経を含めて女性の【血】に関係する症状のすべてをさしています。
つまり、月経時や月経の前後、妊娠時や分娩時に現れる症状なども「血の道症」で、更年期障害はそのうちのひとつということになるわけです。
さて、漢方には「気・血・水」という独特の身体観、健康観があります。「気」とは生命エネルギーのことで、いきていくうえでの基本的な活力のようなもの。 「血」は西洋医学でいう血液、「水」は血液以外のすべての体液をさしています。
この気・血・水がバランスよくスムーズに体内を巡っているときが、心身ともに健康な状態です。それとは反対に、気・水・水がバランスを欠いたり体内のどこかで滞ると、体調が悪くなったり病的な状態になる、というのが漢方的な視点です。

一般的に更年期障害は、検査してもとくに気質的なトラブルをみつけることはできません。しかし漢方医学では、更年期障害も体内の気・血・水の流れが原因で起きると考えます。
その流れを正す漢方薬を処方して、きになる症状や苦痛をとり除きながら、根本的に体調を整えていくのです。
西洋医学の場合は、イライラや抗うつ感といった精神症状を軽減するのはむずかしいのですが、適切に処方された漢方薬なら、そうした症状にもスムーズに、そして有効に作用してくれます。


更年期障害と漢方【体質や体力、抵抗力によって適した漢方薬は違う】

漢方医学には、体質や体力、性格などを全人的に判断する「証」というものさしがあります。漢方薬の処方を決めるときは、自覚症状はもちろんのこと、「証」に適した処方を導き出すことが大切です。

証を正しく見極めるには、脈、舌の状態、肌の色など、さまざまな要素を総合的に観察しなくてはならず、それは専門家にしかできません。そこで、ここでは証を決めるときの目安になる「虚実」について、簡単に紹介しましょう。

虚実とは、体力、体質、抵抗力の強弱を表す指標で、実証、虚証、中間証の3つあります。

●実証
体力と精気があり、体内の病毒にも抵抗することができます。脈は充実して力があり、皮膚や筋肉や腹部はかたく緊張して、弾力があります。ふだんから体力があり、高血圧ぎみで、元気で活動的な人は実証タイプと考えていいでしょう。

●虚証
体力や精気がなく、体内にある病毒と戦う力が乏しい状態をさします。脈は細く、小さく、弱くて、皮膚や筋肉や腹部は軟弱です。日ごろから虚弱で、よく病気をするような人は虚証タイプとみていいでしょう。

●中間証
虚証にも実証にも偏らない人は、この中間証に入ります。


漢方症状タイプ別はコチラ>>


ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。