症状別タイプ|更年期障害の症状を改善・解消!人気のおすすめ更年期サプリランキング

症状別漢方【感情の起伏が激しいほど精神面の症状も「気」が原因】(のぼせ・のどのつかえに)

「気」は、生命エネルギーや生きる活力ともいうべきもの。体内の気の流れに異常が起きると、血や水の状態も悪くなることから、気は気・血・水の中心的な役割を果たしていると考えられています。
気の異常は大きく分けると2つあります。ひとつは、気が頭のほうにばかり上がると、のぼせて頭がほてる、頭はのぼせて足は冷えるなどの症状が現われてきます。のぼせが悪化して、頭痛やめまい、動悸を伴うことも少なくありません。Kのような症状があるときは、炙甘草湯(しゃかんぞうとう)または女神散(にょしんさん)を、証に応じて試してみましょう。
もうひとつの気の異常はうっ滞。つまり気が停滞してしまうものです。のどに何かがつかえて、せきをしてもつばを飲み込んでもつかえがとれないというときは、気のうっ滞が原因と考えます。のどのつかえには半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)がおすすめです。
また、気は心や情緒と関係があるため、気が変調をきたすと精神面に症状が現われやすいのも特徴です。些細なことで感情が起伏する人は甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)、いつもクヨクヨして気分が晴れない人は帰脾湯(きひとう)、気がめいっている人は正心湯(しょうしんとう)を試すと良い。
気が乱れると不眠症状がでることもあります。不眠の改善には、実証タイプの人なら三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、虚証タイプの人なら酸棗仁湯(さんそうにんとう)が適しています。


症状別漢方【月経があるので「血」の流れが乱れる】(冷え、ほてり、月経不順)

「血」は、西洋医学でいう血液に相当します。気と同様に、血が体内をスムーズに循環しているときは健康な状態といえますが、女性は月経があるため、血の流れが変化して、体内のどこかで滞ってしまう傾向が強いのです。地のめぐりが悪くなることを、漢方では、「お血」と呼び、さまざまな不調や病気の原因になっていると考えます。
お血がある場合は、おもに血管系や神経系に症状が現われてきます。例えば、月経不順、手足の冷え、ほてり、のぼせ、お腹が冷えて寒い、頭痛や頭重感、肌荒れ、めまい、便秘などがあげらます。ふだんからこれらの症状に悩んでいる人は、お血を疑ってみる必要がある。全身熱っぽい、動悸、耳鳴り、しびれ、知覚の低下なども、お血のさいによくみられる症状です。


ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。