更年期とは|更年期障害の症状を改善・解消!人気のおすすめ更年期サプリランキング

更年期とは~閉経をはさんだ前後数年ずつの期間~】

一般に、更年期とは45、46~56才ぐらいの年齢域をさします。平均の閉経年齢は50.51歳ぐらいですが、この時期をはさんだ前後数年ずつが更年期と考えます。 最近では、裾野が広がってもっと早くから始まる人も、もっと遅くまで続く人もいます。
更年期による体の変化がいちばんはっきりと現われるのが月経です。
卵巣の機能が閉経の数年前より低下し始め、ホルモンの分泌に乱れを起こし、月経周期が乱れてきます。
成熟期には順調だった月経周期が、早まったり遅れたり、経血が多量になったり少量になたりし、持続日数も変化します。
月経周期の乱れが始まる年齢には個人差が見られ、40代の初めで年に数回しか月経がない人もいれば、50代で閉経になるまで毎月ある人もいます。
月経不順が続き、排卵を伴っていた月経が無排卵性月経となり、やがて閉経を迎えることになります。
この時期は、ホルモンの分泌によって体の中で大きな変化が起こるほかに、職場、友人、家庭など、女性をとりまく環境も変動します。その影響が、さまざまな身体的症状や精神的症状として現われることがあります。軽いものならほとんどの女性が体験するとはいえ、めまい、ずつう、のぼせ、肩こり、腰痛、睡眠障害、動悸、冷え性、発汗、食欲不振、疲労感など、症状は多岐で全身にわたります。
また、ホルモン分泌の変化に呼応して自律神経のバランスもくずれやすくなり、精神的な症状が出ることも少なくありません。わけもなく涙が出てくる、イライラする、不安感を感じる、気分が落ち込むなどの症状は、この時期の多くの女性が感じることです。
さらにこの年代は、脳をはじめ体の各器官の老化が徐々に始まる時期でもあります。更年期特有の自律神経の失調からくる様々な不定愁訴も、ホルモン分泌の変化によるももばかりでなく、脳や体の各器官の老化も一因であると考えられます。
様々な精神的・身体的症状で苦しめられることの多い更年期ですが、つらい症状をがまんして耐える必要はありません。その人の状態や症状に応じて適切治療を受けることによって、つらい症状も改善できます。また、食事や日常生活を見直し、前向きな姿勢をこころがければ、老化を遅らせることは可能ですし、はつらつとした更年期を送ることができるでしょう。


ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。