更年期障害のサプリメントランキング|更年期障害の症状を改善・解消!

更年期の症状や解決方法の口コミ

更年期障害の対処方法(2012年11月20日)

いつの頃だったか覚えていませんが、真冬にみんなが寒い寒いと言っているそばで、母親が突然、 汗だくだくの状態になり、暑い暑いと言いだしました。 そして、夜も眠れなくなり、感情の起伏も激しくなりました。
最初、訳がわからず病院を受診しましたが、どこも悪くないとのことで、これが更年期障害だと気づくまで、少し時間がかかりました。 周囲の人が、おかしいのではないかと責めると余計つらくなるそうです。 メンタル的なものも大きく作用しているので、本人が前向きな心を持てるように、周りの人がケアしてあげることが一番大切な対処方法だと思います。
母は、いきいきという高齢者向けの雑誌を購読しはじめ、その中で自分と同じような人がいることを知り、励まされ、その雑誌を読むことが気分転換になっていたようです。 気持ちを共有できる人がいることも大切なことかもしれません。
焦らず、自然にまかせていたら、徐々に症状が改善されました。鬱状態になってしまう方もおられると聞きます。気持ちを明るくもてることを探せたらと思います。  


なるべく薬に頼りたくないのですが・・・(2012年11月20日)

8歳のバツイチ女です。 27歳で結婚し、現役中は不妊症に悩むまま37歳で離婚。 45歳の頃からのぼせ・汗など更年期障害を体験しています。
年に13回あった生理が減り始めたのが40歳のころ。 なんかおかしいと思ううち、45歳の頃から生理が止まり、のぼせ・汗の症状が。 電車内でよく中年女性が扇子で顔を扇いでいる姿が不思議でしたが、これだったのかと。
なるべく気にしないように過ごしていますが、汗がまずすぎ。女性ホルモンに似ているという大豆イソフラボンを摂取すべく、豆乳を飲み始めましたが、効果はいまいち。 「命の母A」もあまり変化を実感できていません。
窮地ではありますが、肝心なのは焦らないことではと思っています。 同年代の友人たちも、それぞれ自分に合う更年期対策を模索しているようです。 共通した悩みなので、対策法の交換には話が弾みますが、結局は人それぞれの体調・体質、生活習慣に合ったやり方が重要 だということで意見が一致しました。
主婦専門の人、仕事兼務の人、仕事優先の人・・・。 いずれにしろ更年期症状に関しては体験がモノをいうということが分かりました。 ちまたにある薬に頼らず、メンタル面だけで立ち直れるようであれば理想的ですが、なるべく薬に頼らず元気に過ごしたいと思っています。


次のページへ>> 前のページに戻る>>

ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。