更年期障害の症状【ドライマウス】|更年期障害の症状を改善・解消!人気のおすすめ更年期サプリランキング

更年期の症状 【ドライマウス】

~口が乾く、舌が痛む、話しづらい。~
 口の中は、いつも唾液が出て潤っています。その唾液の分泌量が減少して、口が乾ききってしまった状態がドライマウスです。
 舌や歯茎、ほおの内側の粘膜も唾液によって保護されているので、口の中が乾くと、歯と舌などがこすれて小さな傷が沢山できて、下がヒリヒリ痛くなってきます。
 また唾液が少ないために、食べ物が飲み込みにくくなったり、発音がしにくくなったりします。食べ物の味は、味の成分が唾液にとけてはじめて感じられるものなので、唾液が少ないと、食べ物の味もわかりづらくなり「何を食べてもおいしくない」などと、日常生活の中で様々な支障が生じてきます。
 さらに唾液には、口の中の抗菌作用、自浄作用がありますから、ドライマウスになると、口臭がひどくなったり、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。
 唾液は年齢とともに分泌量が減ってくるものですが、とくに更年期からは、女性ホルモンの分泌が低下することによっても、口の中が乾いてきます。そのため、ドライマウスは更年期以降の女性に多く、50歳以上になると急に増えてきます。  

~悩まずに口腔乾燥外来を受診~
 ドライマウスは日本ではまだ認知度が低いのが現状です。そのために、内科や歯科などあちこちの科を受診しても、「もう年だから」といわれて、深いな症状に悩み続ける人が少なくありません。
 しかし最近は、歯科口腔外科にドライマウスの専門外来である口腔乾燥外来を設ける病院ができてきました。また、歯科でもドライマウス女性専用外来のあるクリニックもありますから、我慢することはありません。 

ドライマウスの治療


 病気が原因でドライマウスが起こっている場合は、まずその病気を治療することが先決です。
 ドライマウスの治療法としては、口の乾燥や痛み、口内炎などに対しては、口の中の粘膜を修復する働きのあるうがい薬や、唾液に近い成分を配合した保湿ジェルや保湿スプレーを塚手、口に潤いを与えます。
 唾液の分泌量が極端に減るシェーグレン症候群の場合は、塩酸セビメリンという内服薬を処方して、唾液の分量を増やします。

(1)月経不順・閉経

(2)のぼせ・ほてり・多汗

(3)冷え性

(4)動悸・息切れ

(5)頭重感・頭痛

(6)寝つきが悪い・不眠症

(7)気分の落ち込み・不安感

(8)疲労感・倦怠感

(9)手足のしびれ

(10)肩こり

(11)腰痛・背痛

(12)眼精疲労・老眼

(13)ドライアイ

(14)耳鳴り

(15)めまい

(16)頻尿・残尿感

(17)尿もれ・尿失禁

(18)膣の乾燥感・性交痛

(19)むくみ・静脈瘤

(20)ドライマウス

(21)肥満

(22)しみ・しわ・皮膚の乾燥

(23)白髪・細毛・薄毛



ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。