更年期障害の症状【むくみ・静脈瘤】|更年期障害の症状を改善・解消!人気のおすすめ更年期サプリランキング

更年期の症状 【むくみ・静脈瘤】

~体液の循環が悪くなるとむくみが起きやすくなります~
 加齢とともに、血液やリンパ液など体液の循環が悪くなりますが、更年期以降ではこれに自律神経の働きの乱れが加わるため、体液が滞って、体がむくみやすい状態になります。顔がむくんだり、脚が膨らんだ感じになったりと、症状は色々ですが、立ちっぱなしで仕事をしたり、睡眠不足や過労ぎみだと、よけいにむくみやすいくなります。
 ただし、むくんでも横になれば治る、翌朝には解消されるという場合は、生理的なむくみなので心配する必要はありません。
 しかし、むくんだ状態が長く続いたり、すねの骨の上を指で押すとへこみ、尿の出が悪い、尿量が少ない、などの症状をともなう場合は、心臓病や腎臓病などが疑われます。早めに内科を受診しましょう。  

~血液がたまると静脈瘤に。自覚症状は痛みとだるさ~
 静脈の一部が盛り上がり、瘤のようにふくれるのを「静脈瘤」と呼びます。血液の循環が悪くなるのが原因です。おもに脚のふくらはぎにみられます。血液は、体の隅々に酸素や栄養を運んでから、全身に張り巡らされた静脈を通って、心臓に戻ります。静脈には随所に弁があって、血液の逆流を防いでいますが、この弁が故障したり、働きが悪くなると、血液が逆流して脚の皮膚のすぐ下を走っている静脈にたまって、ふくれあがるのです。
 静脈瘤は、見た目の悪さだけでなく、瘤ができた部分に痛みを感じたり、下肢がだるくなったり、頻繁に脚がつるなどの不快な症状もともないます。またかゆみもあるので、かきすぎて皮膚炎を起こし、その皮膚炎による湿疹が潰瘍に移行することがあります。
 静脈瘤は、長い時間たち仕事をする職業の人に多く見られます。立ちっぱなしだと、血液が下肢にたまり、たまった血液の圧力が静脈壁にかかって、静脈瘤を引き起こすことになるからです。生まれつき静脈壁が弱い人なども、血管が拡張しやすく、静脈瘤ができやすいといえます。  

むくみ・静脈瘤の治療


 軽いむくみは、マッサージや軽い体操をして、抹消から心臓に向かって血液の循環を促すと解消します。
 静脈瘤ができた場合は、ほうっておくと症状がすすみ、湿疹や潰瘍、疼痛を起こしたりするので、早めに外科あるいは皮膚科を受診しましょう。静脈瘤に潰瘍を起こしたり、痛みが激しいときには、瘤ができている部分の静脈を部分的に抜き去る手術が行われます。静脈は、部分的に切除しても、自然にバイパスができたり、ほかの静脈が代わって働きので心配はありません。

(1)月経不順・閉経

(2)のぼせ・ほてり・多汗

(3)冷え性

(4)動悸・息切れ

(5)頭重感・頭痛

(6)寝つきが悪い・不眠症

(7)気分の落ち込み・不安感

(8)疲労感・倦怠感

(9)手足のしびれ

(10)肩こり

(11)腰痛・背痛

(12)眼精疲労・老眼

(13)ドライアイ

(14)耳鳴り

(15)めまい

(16)頻尿・残尿感

(17)尿もれ・尿失禁

(18)膣の乾燥感・性交痛

(19)むくみ・静脈瘤

(20)ドライマウス

(21)肥満

(22)しみ・しわ・皮膚の乾燥

(23)白髪・細毛・薄毛



ランキング更新

当サイトの管理運営者の木下幸子
と申します。 この度更年期障害で
悩んでいる、40代~60代の方の為
に1000名のモニター様に商品を
使ってもらい、アンケート調査を
行いました。本当によい安心して
利用できる商品をランキング形式
にしました。これからサプリメントを
購入予定の方に少しでも参考に
なればと思います。